Back (2008.06.30up / 2017.02.11update)

星巌絶句刪

梁川星巌 『星巌絶句刪 星巌丙集丁集』

(せいがんぜっくさん せいがん へいしゅう ていしゅう)

1835 天保6年刊行 全1冊

見返し

星巌丙集

テキスト2
テキスト3
テキスト4
テキスト5
テキスト6
テキスト7
テキスト8
テキスト9
テキスト10
テキスト11
テキスト12
テキスト13
テキスト14
テキスト15
テキスト16
テキスト17
テキスト18
テキスト19
テキスト20
テキスト21

星巌丁集

テキスト21
テキスト22
テキスト23
テキスト24
テキスト25
テキスト26
テキスト27
テキスト28
テキスト29
テキスト30
テキスト31
テキスト32
テキスト33
テキスト34
テキスト35
テキスト36
テキスト37

裏表紙


 本書が乙集のあとに、ふたたび甲集を差し置いて出された星巌の第二刊行詩集『丙集・丁集』で、天保6年2月の刊行元は「玉池吟社」、つまり自費出版されました。 経済的な理由で一冊になったけれど作品はこの何倍もあるんだよ、と、いった趣きが「甲ではなく丙」「数ある作品から刪省」といった名付けから窺はれます。 お玉が池の詩塾はこれに先立つ3ヶ月前に旗揚げしたばかりでした。正に若年の汚名を雪ぎ、江戸の詩壇に星巌ありと宣言する、正念場の一冊だったと思はれます。すでに京都に頼山陽はなく、 先輩大窪詩仏の詩聖堂の趾を襲った玉池吟社の名声は、この後一気に、日本一にまで揚がっていったのは周知の通りです。そしてたった5年後の天保11年には、『新鐫 星巌丙集』として、 この本は面目を改め全容が明かにされることになります。そればかりか翌年には、満を持しての甲集と、その後の集が続刊され、本邦初の女漢詩人の詩集を付録に加へた『星巌集』9冊セットが完成します。 名実ともに漢詩はもはやお堅い儒者の専売余技ではなくなったといふこと。そして浩瀚な漢詩集の商業出版に大書店を踏み切らせた背景にあったもの。2種類の丙集は、 一介の在野詩人の名声が開花するあとさきを物語るとともに、漢詩を支へる読者層の広がりを物的にも証明する象徴的な刊行物でもあるやうに思はれます。


Back

Top