Back (2020.04.26up / 2020.04.27update)



『星巌集』版本の成立経緯について。(考察)


書肆を介さず最初に刊行されたと思しき「玉池吟社」版

p6  p6  p6  p9

甲集乙集 天保十二年刊(1841) / 丙集 天保九年刊(1838) / 丁集 天保十二年刊(1841) / 戊集 安政三年刊(1856)

(書影は福岡大学図書館江戸明治漢詩文コレクションデータベースほかより)

 詩に一徹、他に何の著書も遺さなかった梁川星巌の詩集は、計画段階に於いてすでに甲・乙・丙・丁…の順序が構想されてゐたものと見えます。
 詩壇を意識した戦略的配慮といふべきか、最初に刊行されたのは甲集ではなく、乙集である『西征集(文政12年)』、そして丙集からの選詩集である『星巌絶句刪(天保6年)』でありました。これらが初めに出て、詩人の真価を世に問ふたのであります。


 巷間見かける『星巌集』は、『甲集』〜『戊集』までが9冊に集成され、付録として門人アンソロジー『玉池吟社詩』2冊と、妻(張紅蘭)の作品集 『紅蘭小集』1冊を加へた、全12冊セットであります。
 菅茶山の『黄葉夕陽村舎詩』、頼山陽の『山陽詩鈔』等とともに、幕末から明治にかけて最も出回った別集(個人詩集)でしたが、発行元を違へた各種の「求版本(版権が移動した本)」、或ひは刊記を同じくするものの印次(版刷)の異なる版本が多数存在し、これは和本ベストセラーの常なのですが、書誌定かならざるタイトルとして有名です。


 まづもって不審なのは、多くのセットものの見返しには「天保辛丑(12年:1841)仲春新鐫」と 記されてゐるのに、集中の『戊集』には製作期間が弘化2年(1845)までの作品が収められてゐることです。どういふことなのか、各種の目録を見てゐるうち、最終巻に『紅蘭小集』を収めた9冊のセットが存在することが分かりました。それこそが初刷りを行った版ではないのか。


 そしてこのたび、その9冊ものと思しき『星巌集』をネットオークションに発見しました。上の余白を大きくとった細長い形。タイトルが記された見返しに本屋の名がない(「甲集乙集丙集丁集閏集全部八冊紅 蘭小集」と記されてゐる)。『紅蘭小集』を欠いた不揃ひでしたが、そこはそれ「端本上等」といふことで画像より判断し、相応の価格で落手することが出来ました。

 届いたものを実見すれば、やはり摺り状態よろしく、早印本の可能性が高い。肝心の最終巻である『紅蘭小集』が無いので巻末の様子が確認できませんが、中途の『丁集』に「天保辛丑(12年)季春新鐫 江戸千鍾房發行」といふ見返しを持ってゐることから予想すると、奥付にはやはり千鍾房(須原屋茂兵衛)ほか本屋の名が記されてゐるのではないでしょうか。(縦長同装釘の『紅蘭小集』をお持ちの方があれば情報をお待ちします。)
 そして現行セットの最終巻である『紅蘭小集』の、どの最終ページにも刷られてゐる刊記「天保辛丑春正月較刊於玉池之寳漢閣」に「較刊(校刊)」とあることから、「責任表示」が寳漢閣すなはち玉池吟社であることを、 セット全体に対して示 してゐるもののやうです。

 梁川星巌研究の泰斗であった伊藤信先生も、複数の刊本を並べて校 勘することが困難だった当時、『星巌集』の書誌については持て余してゐたらしく、『梁川星巖翁附紅蘭女史』に収められた年譜には、処女詩集『西征集』や、第二詩集『星巌絶句刪』の刊行年さへ記されてゐません。 反対に、以下にあげる早印単行本については、年譜の中で触れられてゐるものの、存在がはっきりと確認されてをりません。
 『梁川星巌全集』の年譜はこれをもとに作られてをり(第5巻所載)、以後の先生方の解説もこれをなぞったものが多い。この機に不明点を明らかにして、広く情報を募りたいと思ひました。


 『星巌集』はどのやうに刊行されたかといふことですが、私見を別表にまとめてみましたので御覧ください。


  『星巌集○集』と謳った刊本は先づ、天保6年の『星巌絶句刪』を増補した完全版『丙集』が天保9年に、3冊本で刊行されたと云ひます。 しかし私が確認した現物は、見返しには確かに「天保戊戌(9年)季夏新鐫 江戸書肆千鍾房発兌」と記されてゐるものの、巻末に奥付や刊記がなく、そして明らかに後刷りと思しい本であり、版型も縦型ではありませんでした。 この『丙集』が、果たして単独で刊行されたことがあったのかどうか。奥付をもった一冊を見るまで、何だか疑はしくなって参りました。


 次に、天保10年に、『乙集』が重刊されたと伊藤先生は記してをられますが、これは通行本『乙集』末尾の刊記に「天保十年己亥重刊於江戸玉池之寳漢閣」とあるからでしょう。しかし『乙集』については、単独の見返しをもった本に出会ったことがありません。


 さて天保12年、ここでやうやくそれまでの詩業を甲・乙・丙・ならびに丁に最新の閏(あまり:余分)を加へた8冊を順番にまとめ、さらに妻、張紅蘭の作品集『紅蘭小集』を付録した、9冊セット『星巌集』の登場であります。

 刊行年は、冒頭に掲げた画像を見て分かるやうに、見返しには記述はないですが、先程述べた『紅蘭小集』に刷られた刊記や、中途『丁集』の見返しの表示から「天保辛丑(12年)」であることは動かないだろうと思ひます。
 そしてのちに掲げる12冊セットの中には、「天保辛丑(12年)仲春新鐫 甲集乙集」とクレジットされた見返しも確認されてをり、 さきの『丙集』同様、別に『丁集』の3冊セットや『甲集乙集』の3冊セットが、この天保12年に単独発売された可能性を示してをります。
 もっとも『乙集』の末尾は、さきの「天保十年己亥重刊」の刊記をそのまま写してゐる本ばかりで、江戸千鍾房(須原屋茂兵衛)の奥付を持つ本は未見です。 そしていづれの『甲集』末尾にも「玉池吟社蔵版」とあるのは、果たして『甲集』のみで単独刊行された形跡を示してゐるのか。・・・ならば『甲集』のみの見返しがある筈ですが、9冊セットの中間に千鍾房の見返しが入ってゐたのと同様、セット中間に責任表示を記してゐるだけかもしれず、・・・謎は深まるばかりです。

 ともあれこの天保12年の時点で、『星巌集』セットの初版は『甲集』〜『丁集』+『紅蘭小集』の9冊が、完本として存在してゐた訳で、その後の作品集『戊集』1冊と、弟子たちによるアンソロジー『玉池吟社詩』2冊を併せ、全12冊の陣容で再び大揃ひが集成・刊行されたのは、少なくとも戊集収録詩篇が制作された弘化2年6月以降の事でなければならないことは、お分かりいただけたかと思ひます。

 12冊セットについては、嘉永6年を刊行年とする目録を散見しますが、いづれも齋藤正格の序文が書かれた年を引いてゐるものらしい。伊藤先生は嘉永元年に作られた詩「書賈請刊余己亥以後詩。既允之。(書賈余の己亥以後の詩を刊することを請ふ。既にして之を允す)」を以て、嘉永元年に刊行されたと年譜にお示しですが、それなら正格の序文のない『戊集』が存在する筈です。
 奥付もしくは見返しに弘化以降の年号をはっきり記してゐるのは、管見では『戊集』に「安政三辰孟春(1月)新鐫 星巌戊集・玉池吟社詩附」の見返しをもつものが一番古いやうです。
 すなはちこの安政3年に、9冊セット所蔵者に対して『星巌戊集・玉池吟社詩附』3冊だけが発売され、併せて全12冊の総揃ひセットが、頁上余白を縮めて販売されるやうになったのに違ひありません。

 その後、安政5年9月に星巌は死去。直後に大獄もあり、板木の権利は随分あちこちにも売買されたやうです。世の中に出回ってゐる『星巌集』の書影を気を付けて見てゐますが、発行元が江戸千鍾房ではない「求本版」のなかには、見返しが「天保辛丑(12年)仲春新鐫」となってをりながら、奥付書店の住所が「東京市」となってゐるものもあり、明治になっても増刷が続けられたことがわかります。見返しに記名される代表版元として、江戸千鐘房のほか、京都竹苞書楼、京都聖華房、浪華岡田羣玉堂が存在するやうです。


 『星巌集』は、ですから『戊集』を欠いた縦長の9冊本が初版の様式を留めてゐるといふことになります。ただそのなかでどのやうな異同があり、単行発売が行はれたのかは、今後もっと多くの版本に目を通す必要があるでしょう。 (2020.4.27未完)


    

Back

Top